SOUL はグラミー賞を受賞した米国のHIPHOPアーチスト“リュダクリス”監修の下、最初のヘッドフォンを企画し、グローバル市場でそのブランドポジションを確立しました。リュダクリスの監修したサウンドはあくまでも“太く”、重低音の効いたサウンドです。

その後、ミュージック・オーディオ業界のみならずスポーツ業界にもインスパイヤされ、数多くの革新的なテクノロジーを搭載した、ヘッドフォン、イヤフォン、Bluetoothスピーカーを市場に投下しました。

キーワードは、POWER/CLARITY/COMFORT。中高音は繊細でクリアなサウンドを、低音はパンチのあるパワフルなサウンドを長時間聴いていても疲れないオーディオ設計です。